無担保融資のデメリット

融資を受ける時に、担保や保証人が必要なものと、必要でないものがあるなら、必要でない無担保の方がいいという印象を持ちがちです。実際のところ、デメリットもあります。金融会社にとっては、担保のない融資の方が、担保のある融資より損失が大きくなる可能性が高いため、金利を高めに設定するようになります。金利面でいえば、担保が必要な場合のほうがいいですが、借りたお金が返せない時は担保を代わりに差し出すことになります。金融会社にしてみれば、もしも返済が滞ったとしても担保を押さえればいい話なので、金利を低くすることができます。担保を必要としない融資の場合、返済に行きづまると金融会社側も損が大きくなりますので、金利を高くせざるをえないのです。高額融資を求めている時は担保が必要になりますし、無担保で融資を受ける時には、どうしても短期間での返済をしなければならなくなるといいます。貸し手である金融機関にしてみれば、何かの事情で返済が止まった時に補填できる担保が無いわけです。返済ができない時に、多額の融資をしていると、そっくり損になります。ローンを扱う会社としても、返済できない時に担保による補填のあてがない人に、まとまった金額を貸し付けていると損が大きくなりすぎます。無担保融資は、完済までの期間が短いものがほとんどです。それは、そもそも貸し付ける金額が、さほど高くないものばかりのためです。無担保で融資を受ける時は、無担保なりの注意点もあります。融資を受ける時には、利点と欠点の両方を踏まえて利用することです。

Comments are closed